ここから本文です

南砺・桂湖で野外音楽イベント フード・グッズ販売やワークショップも /富山

みんなの経済新聞ネットワーク 4/12(水) 10:00配信

 南砺市にある「桂湖ビジターセンター」(南砺市桂)で6月10日・11日、野外音楽イベント「五箇山音楽祭2017」が開催される。(富山経済新聞)

五箇山音楽祭2017のイベントポスター

 世界遺産に登録された「五箇山合掌造り集落」からほど近くにある同会場は、コテージ宿泊、オートキャンプ、カヌー、豆腐作り体験などができる施設となっており、イベントは施設全体を使用して行われる。

 当日は「おとうふ」と「おそば」の2つのステージが用意され、交互でアーティストのライブパフォーマンスが行われる。飲食エリア「もぐもぐ」と「ごくごく」では、名産品の五箇山豆腐、採れたての山菜、猪や熊などのジビエ料理、南砺市の酒造メーカ「三笑楽酒造」と「城端麦酒」の日本酒やクラフトビールなどを用意。そのほか野菜やグッズ販売ブース、五箇山の間伐材で作られた積み木で遊べる「ワクワクキッズ」エリア、日本最古の民謡「五箇山こきりこ節」に使用する楽器・ささらなどのワークショップエリアも設置し、幅広い年齢の客が楽しめる内容で構成する。

 ラッパーの「鎮座ドープネス」とパーカッショニスト「IZPON」らで構成するバンド「鎮座DOPENESS & DOPING BAND」をはじめ、ビデオテープをサンプリングして映像と音楽を制作する「VIDEO TAPE MUSIC」、富山出身のDJ「KENTARO IWAKI」、スカ・バンド「THE SKALP」、ジャム・バンド「V.S.O.P SESSIONS」など24組みのアーティスト、DJたちがステージを盛り上げる。

 同イベントの企画・運営を行うキャンドル・ショップ「RAM Candle」(高岡市清水町1)の店主・ポンさんは「富山には『BEATRAM MUSIC FESTIVAL』や『スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド』など、素晴らしい野外音楽イベントがたくさんある。キャンプインができるのは呉東地区の『ホットフィールド』しかないため、呉西地区でキャンプのできる音楽イベントの開催を企画した。昔からの文化が残る五箇山で開催することで、呉西地区へ多くの人が遊びに来てもらえたら」と話す。

 自身もキャンドル作家として活動するポンさんは「県内で活動する作家やお店、文化を多くの人に知ってもらい、改めて富山県の良さを実感してもらいたい。野外で遊ぶ気持ち良さと、音楽を通して繋がり合う感動も分かち合えたら」とも。

 開演時間は10時。チケットは前売り5,500円(2日通し券のみ)。チケット販売店やイベント詳細は公式ホームページで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/12(水) 14:28

みんなの経済新聞ネットワーク