ここから本文です

バイエルンのルンメニゲCEOがレアル戦について言及「王者を倒せるとするなら我々だ」

GOAL 4/12(水) 15:28配信

バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、カルロ・アンチェロッティ監督とレアル・マドリー戦について言及した。『ドイツ通信社』が報じている。

バイエルンは12日、チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでレアルと対戦する。クラブのCEOであるルンメニゲはアンチェロッティ監督について「私はたくさんの異なる監督と仕事をしてきた。彼の冷静さはとても印象的で、仕事の捉え方というのも興味深い。彼はどんな犠牲を払ってでもビッグイヤーを取ろうとしている」と説明した。

また、レアルとの対戦に関しては「とても難しい準々決勝になるだろう。最高の2試合をしなければ準決勝にたどり着くことは不可能だ。もし、昨シーズンのチャンピオンを倒せるとするならば、我々がそうだろう」と相手の手強さを認めつつも自信をのぞかせた。

バイエルンは2011-12シーズンから5季連続、レアルは2010-11シーズンから6季連続で準決勝に到達している。2016-17シーズンはどちらのクラブが準決勝進出を果たすのだろうか。

GOAL

最終更新:4/12(水) 15:28

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合