ここから本文です

ロッテ4番パラデス解雇危機 キューバ人野手獲りで加速か

日刊ゲンダイDIGITAL 4/12(水) 12:01配信

「使えそうな助っ人なら誰でも……」というのが、現場の心境だろう。

 11日はオリックスに負け、5位と低迷中のロッテ。そんなチームに浮上しているのが、キューバのロエル・サントス(29)取りだ。走りながら打つような打撃が特徴的な左打者で、WBCでは「1番・中堅」として、打率.318と活躍。すでにキューバの複数メディアがロッテ入りについて報じている。

 とはいえ、ロッテが欲しいのはオフにソフトバンクへ移籍したデスパイネに代わる大砲。俊足巧打のサントスではタイプが違うものの、そんなぜいたくを言える余裕はない。

 チーム打率が.201と12球団で最低。中でもひどいのが開幕から4番に座るパラデス(28)だ。15年にオリオールズで10本塁打を打った実績を引っ提げ、オフに年俸約1億3300万円で入団。しかし、この日は2安打したものの、打率.182。打点、本塁打ともにゼロの上、33打数で13三振とからっきしなのだ。

「開幕カードのソフトバンク戦では1本ずつ、計3安打したが、同時に低めに落ちるボールに苦しんだ。そこを他球団にも突かれ、低めなら何でも振る扇風機となってしまった。それも思い切りのいいフルスイングではなく、どこかへっぴり腰。すっかりバッティングを崩している」(他球団スコアラー)

 サントスと入れ替えでクビまでありそうだ。

最終更新:4/12(水) 12:01

日刊ゲンダイDIGITAL

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/1(月) 5:30