ここから本文です

Adobe、「Acrobat DC」「Acrobat Reader DC」をアップデート ~47件の脆弱性を修正

Impress Watch 4/12(水) 9:50配信

 米Adobe Systems Incorporatedは11日(現地時間)、「Adobe Acrobat DC」および「Adobe Acrobat Reader DC」の最新版を公開した。今回の更新は、新機能やセキュリティの強化、既存機能の拡張、不具合の修正などを含んだ定例アップデートとなっている。

 今回のアップデートでは“Continuous”トラックのバージョンナンバーがv15.xからv17.xへと変更(“Classic”トラックはv15.xのまま)。「Acrobat」ファミリーは2年ごとのメジャーリリースを行っており、スプラッシュスクリーンやバージョン情報ダイアログ、ライブラリのバージョンなどが変更されている。

 機能面では、Mac版「Adobe Acrobat DC」で「Microsoft Office」文書のPDF変換がサポートされた。そのほかにも、強調表示されたテキストを簡単にコピーする機能が追加されたほか、アクセシビリティの強化も図られている。また、管理者向けにアップデートの管理を支援する機能がいくつか追加されている。

 なお、本バージョンでは脆弱性の修正も行われているので注意。

 同社が公開したセキュリティ情報(APSB17-11)によると、今回のアップデートで修正された脆弱性はCVE番号ベースで47件。Windows版およびMac版に影響し、深刻度は同社基準で4段階中最高の“Critical”とされている。

 更新プログラムの適用優先度はすべての製品で“2(30日程度以内を目安としたアップデートを推奨)”とされており、旧バージョンの製品を含め、なるべく早いアップデートが必要だ。それぞれの製品バージョンは以下の通り。

「Acrobat DC」(Continuous)v2017.009.20044(Windows/Mac)「Acrobat Reader DC」(Continuous)v2017.009.20044(Windows/Mac)「Acrobat DC」(Classic)v2015.006.30306(Windows/Mac)「Acrobat Reader DC」(Classic)v2015.006.30306(Windows/Mac)「Acrobat XI」v11.0.20(Windows/Mac)「Reader XI」v11.0.20(Windows/Mac)

 なお、「Acrobat DC」「Acrobat Reader DC」は“Document Cloud”製品の一部として提供されており、機能追加と不具合の修正を逐次配信する“Continuous(連続トラック)”と、「Adobe Acrobat X」「Adobe Acrobat XI」までのように四半期ごとに1度アップデートを配信する“Classic(クラシックトラック)”という2つのリリーストラックで構成されている。一般的なエンドユーザーが同社のダウンロードセンターから入手しているのは“Continuous”となる。

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:4/13(木) 17:52

Impress Watch