ここから本文です

アイ・オー・データ、最新Windows Storage Server 2016搭載企業向けLAN DISK Z

アスキー 4/12(水) 17:52配信

アイ・オー・データ機器は法人向けのNAS製品に最新OSであるWindows Storage Server 2016を搭載したラインナップを追加した。

 アイ・オー・データ機器は4月12日、法人向けNAS製品「LAN DISK Z」シリーズにWindows Storage Server 2016 Standard Editionを搭載したモデルを追加した。6月中旬に発売する。
 
 CPUにインテルCore i3、8GBのメモリーやNAS専用のHDDを採用し、同時接続ユーザーが50~100人程度のオフィスでも快適な利用が可能。RAID0/5/マルチディスクモード対応(出荷時はRAID5)、故障カートリッジのホットスワップに対応する。USBプリンターやeSATAで増設ドライブを接続が可能なほか、HDMIによる映像出力も可能。
 
 ドライブベイ×2を持つスタンドアロン型「HDL-Z2WPIシリーズ」は2TB/4TB/8TB/16TBの4モデルが用意され、価格は33万5500円より。ドライブベイ×4の「HDL-Z4WPIシリーズ」は4TB/8TB/16T/32TBが用意され、価格は39万7000円より。
 
 「HDL-Z4WPIRシリーズ」はドライブベイ×4を搭載する1Uラックマウントタイプ。4TB/8TB/16TB/32TBが用意され、価格は43万6100円より(価格はいずれも税別)。いずれのモデルも最上位機は受注生産品となる。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:4/12(水) 17:52

アスキー