ここから本文です

ベイカー茉秋、右肩脱臼手術を受けたと報告…2日に古傷痛める

スポーツ報知 4/12(水) 0:40配信

 柔道のリオ五輪男子90キロ級金メダルのベイカー茉秋(22)が10日、自身のツイッターで右肩脱臼手術を受けたことを明かした。

 2日の全日本選抜体重別選手権で古傷を抱える右肩を脱臼。右肩は昨年2月から亜脱臼を繰り返し、リオ五輪後の12月に診察を受けた際に「右肩関節唇損傷」と診断され、不安を抱えていた箇所だった。3日に都内で行われた日本中央競馬会の入会式に右肩を三角巾でつるして出席していた。

 ベイカーは「手術無事に終わりました!これからが勝負です」と決意をツイートしていた。

最終更新:4/12(水) 0:40

スポーツ報知