ここから本文です

“BBC”不在を望むアンチェロッティ...ベイルに至っては「家でテレビ観戦してほしい」

GOAL 4/12(水) 7:15配信

バイエルン・ミュンヘンは現地時間12日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグでホームにレアル・マドリーを迎える。カルロ・アンチェロッティ監督はマドリー自慢の攻撃陣が軒並み欠場することを期待しているようだ。

アンチェロッティ監督は2013年から2015年までマドリーで指揮。FWカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドの“BBC”を3トップに置くシステムを成熟させ、クラブに史上10度目のCL制覇をもたらした。

そのアンチェロッティ監督が、バイエルンを率いて敵としてマドリーと対峙する。前日会見でイタリア人指揮官はBBCについて次のように話した。

「マドリーの試合はたくさん見たし、BBCのことはよく分かっていると思う。彼らはリーグ戦の優勝をほぼ手中に収めている」

「おそらくBBCがいても、いなくても、マドリーは良い試合をするだろう。ただベンゼマ、ベイル、クリスティアーノが同じチームにいることが問題になることはない。ジダンも私と同じように考えているはずだ」

できれば3トップが欠場することを望む、とアンチェロッティ監督はユーモアを交えて付け加えている。

「BBCが試合に出ない方が良い。クリスティアーノはベンチで、ベンゼマはスタンドで、ベイルは家で試合を見てほしいね」

GOAL

最終更新:4/12(水) 21:08

GOAL