ここから本文です

あの“噛みつき”事件から3年半...悔恨を残さないスアレスとキエッリーニ

GOAL 4/12(水) 22:08配信

バルセロナFWルイス・スアレスとユヴェントスDFジョルジュ・キエッリーニの間に、悔恨の感情は存在しないようだ。

スアレスとキエッリーニのいさかいは、2014年ブラジルワールドカップ(W杯)で物議を醸した。ウルグアイ対イタリアの一戦で、スアレスがキエッリーニの肩に噛みつき、その後FIFAから4カ月の試合出場・活動停止処分が下されたのである。

11日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグで再び対峙した両者だが、過去に固執することはなかった。キエッリーニは試合後に「スアレスとは挨拶を交わしたよ」と口にし、次のように続けている。

「彼は偉大な選手だ。あの出来事(嚙みつき事件)を、今後誰も話題にしないことを祈っている」

バルセロナとユヴェントスは2015年のCL決勝で対戦していたものの、キエッリーニはこの試合に欠場していた。そのため、あのブラジルW杯以降キエッリーニとスアレスが顔を合わせたのは、今回が初めてだった。

GOAL

最終更新:4/12(水) 22:08

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合