ここから本文です

映画「トゥームレイダー」(原題)、日本公開が2018年に決定

Impress Watch 4/12(水) 12:11配信

 ワーナー・ブラザース・ジャパンは4月12日、映画「トゥームレイダー」を2018年に公開すると発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 本作は、まだ人生の目的も、また夢中になれるものも見つからず、バイク便のライダーとして働きながらギリギリの生活を送っている21歳の大学生の彼女が(主人公ララ・クロフト)、10代になるかならないかで失踪してしまった冒険家の父親の死の真相を解明しようとする物語。

 「トゥームレイダー」はゲームシリーズを原作に、2001年にアンジェリーナ・ジョリーが強く美しい主人公ララ・クロフトを演じ公開されたアドベンチャー・アクション映画。今作では、新生「トゥームレイダー」として、監督には、ローアル・ユートハウグ(「THE WAVE/ザ・ウェイブ」)を、また主人公には、オスカー女優のアリシア・ヴィキャンデルを迎え、現在南アフリカとイギリスで制作が進められている。

 なお、2016年で20周年を迎えたゲーム「Tomb Raider」のスペシャルパッケージ「Rise of the Tomb Raider」の日本語版をスクウェア・エニックスでは、プレイステーション 4用として発売している。

□キャスト(一部紹介)

アリシア・ヴィキャンデル(「リリーのすべて」)
ドミニク・ウェスト(「300<スリーハンドレッド>」、「マネーモンスター」)
ウォルトン・ゴギンズ(「ヘイトフル・エイト」)
ダニエル・ウー(「香港国際警察」)
監督:ローアル・ユートハウグ(「THE WAVE/ザ・ウェイブ」)

【スクリーンショット】

GAME Watch,宮本章弘(クラフル)

最終更新:4/12(水) 12:11

Impress Watch