ここから本文です

サークルK・サンクス、18年夏に消滅 ファミマに統一

ITmedia ビジネスオンライン 4/12(水) 12:22配信

 ユニー・ファミリーマートホールディングスは4月12日、2018年8月までにサークルK・サンクスの全店舗をファミリーマートブランドに統合する方針を明らかにした。

【ファミマへと変更済みの店舗は好調という】

 サークルKサンクス運営元の旧ユニーグループ・ホールディングスは、16年9月に旧ファミリーマートと経営統合。当初は19年2月末までにブランドを統一する計画だった。

 だが、既にファミリーマートに変更済みの約800店の売り上げが10~20%程度向上しているため、さらなる利益獲得を見込んで統合時期を早めたという。

 17年2月期の全店平均日商は、ファミリーマートが52万2000円なのに対し、サークルK・サンクスは42万5000円だった。

 同社の広報担当者は、「人的リソースの調整など課題もあるが、ブランド転換を早急に進めることで成長につなげたい」と話す。

 現在、サークルK・サンクスとして運営中の店舗は約5400店。同社は今後、コンビニ事業に約1300億円を投資してブランド統合を含めた事業拡大に注力していくという。

最終更新:4/12(水) 12:22

ITmedia ビジネスオンライン