ここから本文です

トランプ米大統領、歳出削減計画の提案を政府機関に要請

ロイター 4/12(水) 13:45配信

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は、政府機関の予算削減に向け、業務効率化計画を示すよう各部署の責任者に求めている。

マルバニー行政管理予算局(OMB)局長は11日の記者会見で、大統領の予算案に基づいて歳出をどのように削減するか提案するよう、各部署に指示するつもりだと語った。大統領は先月公表した予算教書の中に、対外援助や多くの国内プログラムの予算削減を盛り込んだ。

トランプ大統領の就任直後から凍結されてきた政府機関職員の採用は、12日に凍結が解除される予定。マルバニー局長は会見で、連邦機関は職員を減らすというトランプ大統領の目標を引き続き念頭に置くことが求められると述べた。

先月公表された予算教書では、具体的な歳出削減方法は示されていない。

今後、マルバニー局長は政府の各部署に歳出削減案の策定を要請し、6月をめどに草案が提出され、9月に最終案がまとまる見込み。

大統領の計画では、すべての部署で予算が削減されるわけではない。マルバニー局長は、国防総省と退役軍人省を含めた一部の部署では職員の増強が可能になると語った。

最終更新:4/12(水) 13:45

ロイター