ここから本文です

「防弾少年団」Xパン・シヒョク、米ビルボード本誌と電撃インタビュー

WoW!Korea 4/12(水) 15:39配信

米国ビルボードがアイドルグループ「防弾少年団」の米国での人気とBIGHITエンターテインメントのパン・シヒョク代表とのインタビューを本誌主要記事として掲載した。

防弾少年団のプロフィールと写真

 ビルボードは15日付129-9号とオンライン記事を通じて「意識のあるK-POPでジャンルを越えるか? (Can Conscious K-Pop Cross Over)」というタイトルで「防弾少年団」とパン・シヒョク代表のインタビューを掲載した。

 パン・シヒョク代表は米国ツアーをはじめ「防弾少年団」の成果について「期待をはるかに超える反応でとてもうれしいと同時に信じられないほど驚くべきことだ。もっと良い音楽とプロダクションでファンを喜ばせなければならないという責任を感じる。世界のファンが防弾少年団の何に熱狂しているのかについて、もっと熾烈に悩まなければならない」と述べた。

 「防弾少年団」の米国進出に関しては「英語の歌を発表する方式の米国進出というよりは、K-POPの根本的な原則を守りながら全世界の人々が共感できる要素を増やして、K-POPの限界を超えるという方式だけが、K-POPのメインストリーム進出をもたらすことができると信じている」と心境を述べた。

 ビルボードは「防弾少年団が米国でアリーナ級のコンサートを5回も完売させ、成功することができた理由は、彼らが自分たちの話を歌にしているため」と伝え、「防弾少年団」とのインタビュー内容も深く掘り下げて扱った。

 「防弾少年団」はインタビューを通じて「全世界で若い世代は社会、政治的に似たようなテーマを共有している」とし「このようなテーマは非常に重要で、誰かが語らなければならない。その誰かが防弾少年団であり、僕たちがもっと大きな声でその問題に関して語ることができるようになれば、より大きな力を持つようになる」と、音楽的なテーマ意識について語った。

 また「防弾少年団」は「メンバーと一緒に同じ道を歩いて行き、同じ目標を夢見ているのでとても幸せだ。僕たちの目標はもっと素晴らしい音楽を作って、それをファンと共有すること」と述べた。

 「防弾少年団」とパン・シヒョク代表のビルボード本誌インタビューは、K-POP歌手として非常に異例的なことだ。これと関連し米国音楽専門広報会社EIPRの副社長は「通常K-POPはメインストリームではないため、ビルボードでは主にオンライン記事で扱う」とし「防弾少年団は米国でアリーナ級のツアーを何度も完売させており、米国の音楽市場でK-POPを超え、新しいジャンルを作り出すことができるグループと認められているため、今回の記事の持つ意味が大きい」と説明した。

最終更新:4/12(水) 15:39

WoW!Korea