ここから本文です

朴前大統領の起訴「17日が有力」=韓国検察

4/12(水) 15:58配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国検察の特別捜査本部関係者は12日、サムスングループからの収賄などの容疑で逮捕した前大統領、朴槿恵(パク・クネ)容疑者の起訴がいつになるかを記者団から尋ねられ、「17日くらいが最も有力ではないか」と答えた。また、朴容疑者に対する拘置所での取り調べは、この日行われた5回目の調べが最後になると伝えた。

 17日は朴容疑者の失職に伴う大統領選(5月9日投開票)の選挙運動が始まる日。朴容疑者の勾留期限は19日だが、検察は選挙への影響などを考慮して起訴日を決めたとされる。

 検察は朴容疑者を起訴するとともに、ロッテグループやSKグループなどサムスングループ以外の大企業による贈賄疑惑についても捜査結果を発表する計画だ。

 ロッテは、朴容疑者と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告が「共同運営」したスポーツ関連財団に追加で70億ウォン(約6億7000万円)を拠出し、検察による家宅捜索を受ける直前に返還されている。法曹界では、これに絡みロッテの一部の幹部が贈賄罪で起訴される可能性があるとの見方が出ている。特別捜査本部はこの資金について、免税店事業などで便宜を図ってもらう対価として提供したものと疑っているという。

最終更新:4/12(水) 16:10
聯合ニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ