ここから本文です

パナ社員装い「お金貸して」 ニセ名刺渡す詐欺被害多発

朝日新聞デジタル 4/12(水) 18:02配信

 家電大手パナソニックの社員になりすまして現金をだまし取る事件が相次いでいる。同社には昨年5月以降、2府10県での被害相談が約60件寄せられているという。うち1件について、大阪府警は12日、住所・職業不詳の森本豊容疑者(40)を詐欺の疑いで全国に指名手配したと発表した。

【写真】森本豊容疑者=天王寺署提供

 天王寺署によると、森本容疑者は3月12日夕、大阪市天王寺区の路上で同社員を装った偽の名刺を渡し、大阪府内の会社員男性(23)に「2千円貸してほしい」と声をかけ、現金を詐取した疑いがある。「財布を置いていた車を同僚が乗って行ったので帰れない」とうそを言ったという。

 同社には大阪、京都、兵庫、奈良、三重、愛知、岐阜、香川、広島、福岡、熊本、大分の2府10県で同様の被害に遭ったとの相談が寄せられ、広報部は「心当たりの方は警察に相談してほしい」としている。情報は天王寺署(06・6773・1234)。

朝日新聞社

最終更新:4/12(水) 21:19

朝日新聞デジタル