ここから本文です

ニコン「D7500」6月発売 D7000シリーズ初の4K撮影対応

4/12(水) 16:25配信

ITmedia NEWS

 ニコンイメージングジャパンは4月12日、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「ニコン D7500」を6月に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格(税込)はボディー単体が15万9300円、レンズキット(AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR)が19万9800円。生産台数は2万台を予定している。

【詳しい仕様を見る】

 D7000シリーズとして初めて4K UHD(解像度は3840×2160ピクセル)/30pの動画撮影に対応。最長記録時間は29分59秒。ファイル形式はMOVに加え、新たにMP4にも対応する。

 DXフォーマットのフラッグシップモデル「D500」と同じく、画像処理エンジン「EXPEED 5」と、有効画素数2088万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)を搭載。ISO100~5万1200相当の広い常用感度域で、ノイズが少ない高画質を実現したという。

 連写は最高約8コマ/秒で、連続50コマまでの高速撮影が可能(前機種「D7200」は最高約6コマ/秒)。測光センサーには、D500と同じ「180KピクセルRGBセンサー」を採用。オートフォーカスや自動露出、オートホワイトバランスなどの精度を向上させたという。

 タッチ操作対応のチルト式液晶モニター(3.2型)を搭載。本体サイズは約135.5(奥行き)×約104(高さ)×約72.5(幅)ミリ。重さは約720グラム(バッテリー、SDメモリーカード含む)と、D7200と比べて約45グラム軽量化した。

最終更新:4/12(水) 16:25
ITmedia NEWS