ここから本文です

楽譜専用2画面電子ペーパー端末「GVIDO」が9月に発売 楽譜の保存や購入、フットスイッチでページめくりも可能に

4/12(水) 17:04配信

ねとらぼ

 テラダ・ミュージック・スコアから、世界初をうたう楽譜専用の2画面電子ペーパー端末「GVIDO」が9月20日に発売されます。2016年の開発発表時より機能が改善。さらに電子楽譜を管理できるクラウドサービスも同時にスタートします。

【画像】脚で楽譜を操作する「フットスイッチ」

 見開き2画面のディスプレイには、E-INK社製の“Mobius”13.3 型フレキシブル電子ペーパー″Carta e-paper technology″を採用したことで書き換えスピードやコントラストが向上。さらにこれにより薄型かつ、サイズも通常の楽譜とほぼ同じで(約482×310×6.05ミリ)、約660グラムと軽量な端末を実現しています。

 付属する「スタイラスペン」はワコムとの共同開発で、スムーズに電子楽譜に書き込むことが可能です。また演奏時に重要なページめくりは、搭載した赤外線スイッチによりワンタッチで行ったり、別売りの「フットスイッチ」で操作したりとユーザーの使い勝手に合わせて選べます。

 純正アクセサリーとして、スタイラスペンをホルダーに収納することで開かないようにできる「牛革カバー」も販売されます。

 電子楽譜のファイル形式はPDFに対応し、手書きやブックマークなどの情報と共に保存してくれます。内蔵メモリーは8GBで、マイクロSDカードスロットも搭載。これ1つで大量の電子楽譜を持ち運べます。

 加えて、Wi-Fi機能から「GVIDO クラウドサービス」に接続可能。楽譜の保存や購入ができる「GVIDO ストア」だけでなく、登録したメンバー間で電子楽譜を共有できる「マイライブラリー」機能も利用できます(※一部有償)。

 日本以外でも北米と欧州で販売され、価格は米国の場合で1600ドル(約18万円・税別)を予定。予約は発売1カ月前に始まります。

最終更新:4/12(水) 17:49
ねとらぼ