ここから本文です

NGT48北原里英「みんなと歩んでいく」=CDデビュー日に地元・新潟でミニライブ

時事通信 4/12(水) 17:35配信

 AKB48の姉妹グループで、新潟を拠点に活動するNGT48が12日、新潟市でメジャーデビューを記念したミニライブを開催した。メンバーは、同日発売されたシングルの表題曲「青春時計」など3曲を熱唱。キャプテンの北原里英は観客に向け、「デビューしてもみんなと歩んでいきたい」と誓った。

〔写真特集〕NGT48、新潟でメジャーデビュー記念イベント

 この日、会場となった新潟市歴史博物館みなとぴあは2015年8月、NGT48がファンにお披露目された思い出の場所だ。正午から始まったミニライブには2000人の観客が集まった。

 ステージでは、デビューシングルの収録曲から全員で「暗闇求む」、研究生9人が「下の名で呼べたのは…」を披露。その後、チームNIIIのメンバーが風に揺れる赤い衣装で登場し、「青春時計」を歌うと、観客からは大きな歓声が上がった。

 ライブ終了後には、新潟市出身の歌手・小林幸子がサプライズで登場。花束を手にステージに上がり、「新潟を背負って頑張ってほしい」とエールを送った。

 メンバーは終了後に取材に応じ、北原里英は「デビューまでにたくさんの経験を積んだ。(お披露目された)1年半前よりたくさんの人が来てくれたことがうれしい」と声を弾ませた。デビュー曲でセンターを務める中井りかは「歩いてきた道に自信を持っていきたい」と抱負を語った。

最終更新:4/12(水) 18:13

時事通信