ここから本文です

ミュージカル初挑戦の水樹奈々「エロい曲が好き!」

スポーツ報知 4/12(水) 12:05配信

 ミュージカル「ビューティフル」(7月26日~8月26日、帝国劇場)の製作発表が12日、都内で行われ、水樹奈々(37)、平原綾香(32)、中川晃教(34)、伊礼彼方(35)、ソニン(34)、武田真治(44)、剣幸(63)が出席した。

 スタンダード曲「君の友だち」や名盤「つづれおり」などで知られる米シンガーソングライターのキャロル・キング(75)の激動の半生を描き、トニー賞に輝くなど世界的にロングランヒットを記録している作品。

 デビュー20周年で初めてミュージカルに挑むことになった水樹は「実は偶然、ニューヨークでのプレビュー公演を見たのですが、キャロルの生き方にものすごく感動しました。思い込んだら一直線なところは似ていると思います。新人になった気持ちで全力でぶつかっていきます」と抱負。好きな曲を問われると、アップテンポな「イッツ・トゥー・レイト」を挙げ「エロい曲が好きなんです」と頬を赤らめた。

 水樹とダブルキャストでキャロルを演じる平原は「共演者の皆さんと『友だち』になれるようにこれから頑張っていきます」と語りつつ「水樹さんと一緒に出演させていただけないのが残念ですけど…今日が最後か…」とちょっぴりさみしそう。

 サックスプレイヤーながら、歌のスペシャリスト6人に囲まれての歌唱に挑む武田は「7者7様の歌声がある中、私もほんのちょっと歌うんです…。少なめですが、芸能生活27年で培ってきた人柄でカンパニーに溶け込んでいけたらと思います」とキャラでカバーする覚悟だった。

最終更新:4/12(水) 12:59

スポーツ報知