ここから本文です

他の作業をしながらビデオチャット ~Windows 10向け「Skype」が“ミニビュー”に対応

Impress Watch 4/12(水) 16:49配信

 米Microsoft Corporation傘下のSkypeは11日(現地時間)、公式ブログ“Skype Blogs”で、Windows 10向け「Skype」アプリが“ミニビュー(mini view)”をサポートしたことを明らかにした。

 “ミニビュー”は、「Windows 10 Creators Update(バージョン 1703)」でサポートされた“コンパクトオーバーレイ(Compact Overlay)ウィンドウ”という仕組みを利用し、デスクトップの隅に小さなビデオウィンドウを最前面表示する機能。他の作業をしながらビデオチャットを楽しむことが可能で、同様の機能は、「映画 & テレビ」でもサポートされている。

 「Skype」アプリの最新版v11.13.133では、ビデオチャットの利用中に他のアプリへフォーカスを移したり、「Skype」アプリのウィンドウを最小化すると、自動で“ミニビュー”が現れる。

 そのほかにも、最新版のWindows 10向け「Skype」アプリではさまざまな改善が盛り込まれている。詳しい変更点については、「Skype」v11.13.133公開時の記事を参照してほしい。

Amazonで関連商品を購入:Windows 10 Home Creators Update 32bit/64bit オンラインコード版Windows 10 Pro Creators Update 32bit/64bit オンラインコード版

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:4/16(日) 16:22

Impress Watch