ここから本文です

岡崎朋美さん、真央の引退惜しむ「やるからには全身全霊で、突き詰めてやる選手」

スポーツ報知 4/12(水) 18:28配信

 スピードスケートの長野五輪女子500メートル銅メダリストの岡崎朋美さん(45)が12日、浅田真央さん(27)の引退を惜しんだ。「子供からおばあちゃんまで幅広く、心に残る選手。ずっと演技を見ていたいと思うけど、自分で退くのも必要」と話した。自身は1994年のリレハンメルから10年バンクーバーまで5度五輪に出場。10年12月に出産後も競技を続け、42歳で迎える14年ソチも出場を目指していた。氷上で戦う選手同士で真央さんとも交流もあり「やるからには全身全霊で、突き詰めてやる選手。自分の演技が出せない悔しさを溜め込んでしまっていたのでは」と思いやった。

 この日は東京・港区の日本スポーツ振興センター(JSC)で「SPORTS JAPANアンバサダー」の任命式に出席。事業推進に携わる役目とあって「真央ちゃんの記事の隣に載せてくださいね」と朋美スマイルでPRしていた。

最終更新:4/12(水) 18:40

スポーツ報知