ここから本文です

【東京六大学準硬式】慶大が連勝で勝ち点1 市野澤が3ラン

スポーツ報知 4/12(水) 19:54配信

◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 慶大15―0東大(12日・早大東伏見)

 慶大が東大に8回コールド勝ちし、勝ち点1を挙げた。2回、スクイズと2本の適時打などで5点を先制。4回以降も得点を重ね、8回には市野澤文太(2年・慶応)の3ランで試合を決定付けた。投げては3人の好継投で東大を無失点に抑えた。

 慶大・市野澤文太「チャンスの場面で強い打球を意識した結果、ホームランになってよかったです」

最終更新:4/12(水) 19:56

スポーツ報知