ここから本文です

【鹿島】ブリスベンに敗れ勝ち点6のまま…石井監督「前半は体が重かった」

スポーツ報知 4/12(水) 20:07配信

◆AFCアジアチャンピオンズリ―グ第4節 ▽E組 ブリスベン2―1鹿島(12日・サンコープスタジアム)

 鹿島が敵地でブリスベンに1―2で敗れ、勝ち点は6のままとなった。鹿島は前半18分に先制を許すと、後半4分に2点目を失う苦しい展開。同34分に途中出場のMF永木亮太(28)がゴールを奪いシュート数では相手を上回ったが、2点目を奪えなかった。

 鹿島の石井正忠監督(50)は「前半は体が重かったが、後半は立て直してくれた。1点取るのに時間がかかってしまった。残り2試合は勝つために準備していきたい」と話していた。

 鹿島は第5節、敵地で蔚山現代と対戦する。

最終更新:4/16(日) 17:12

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報