ここから本文です

故・渡瀬恒彦さん最後の出演作「警視庁捜査一課9係」放送開始

スポーツ報知 4/12(水) 22:13配信

 3月14日に多臓器不全のため亡くなった俳優の渡瀬恒彦(本名同じ)さん(享年72)が生前出演したテレビ朝日系ドラマ「警視庁捜査一課9係」(水曜・後9時)が放送された。同ドラマは渡瀬さん最後の出演作となる。

 冒頭に渡瀬さん演じる9係の係長・加納倫太郎が、里見浩太朗演じる警視総監の神田川宗次朗に呼び出される場面が放送された。加納は神田川から書類を受け取ると「失礼します」と頭を下げ、警視総監室から退室するシーンが流された。

 そして最後にこれまでの回想シーンが放送された。

 今作では渡瀬さん演じる加納が内閣テロ対策室を改造するための準備委員会のアドバイザーを務めることになり、9係長は不在という設定。

最終更新:4/12(水) 22:13

スポーツ報知