ここから本文です

【川崎】ブラジル代表パウリーニョ擁する広州恒大に2試合連続ドロー

スポーツ報知 4/12(水) 22:54配信

◆AFCアジアチャンピオンズリ―グ第4節 ▽G組 川崎0―0広州恒大(12日・・等々力陸上競技場)

 川崎は12日、ホームで広州恒大(中国)と0―0で引き分けた。鬼木達監督は連戦のために温存していたMF中村憲剛を後半から投入し、攻勢に出た。中盤を支配し、広州恒大のブラジル代表MFパウリーニョに仕事をさせなかったが、ゴール前での精度を欠き得点も出来なかった。4試合連続引き分けの勝ち点4でG組3位をキープした。

 鬼木監督は「前半は相手のプレッシャーがあるなか(失点)0でいけたのは良かったです。後半は勝負をかけるという意味ではパワーもって行けました。勝ちきるためには、もう少しアイデアが必要でした。ここ何試合か広州恒大の試合を見ましたが、確実に後半に落ちるというのが分かっていましたので、後半勝負という思いでいました」などと話した。

 川崎は今後、25日に勝ち点8で首位に立つ水原三星(韓国)とアウェーで戦い、5月9日にホームでイースタン(香港)と最終節を戦う。

最終更新:4/12(水) 22:54

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合