ここから本文です

小栗旬、料理人に憧れるも3日で飽きる…天海祐希「全然ダメじゃん」

スポーツ報知 4/12(水) 23:45配信

 俳優の小栗旬(34)、西島秀俊(46)が、12日にフジテレビ系で放送されたトークバラエティー「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」(後10時)に出演。憧れた人を告白した。

【写真】イケメン俳優を招いてトークを繰り広げた

 天海祐希(49)と石田ゆり子(47)が架空のスナックのママ・チイママとなって、来店したゲストとお酒を飲みながらエピソードを引き出す。昨年9月にも同じ企画で放送されたが、MC未経験の2人の天然ドタバタぶりが話題に。西島が注文したウーロンハイも作れない石田に、天海は「前回の放送後に、ネットで『ポンコツ』って言われたの知ってる?」と耳打ち。「そうそうポンコツって書いてあった。びっくりしちゃった」と返した石田は、しかし「何だかうれしかったです。本当にそうなんだと思って」と、スタッフにウーロンハイのグラスを「これ?」と確認しながら、冷蔵庫のウーロン茶で割って差し出した。

 天海は2人に、子供の頃にあこがれた人を質問。小栗が、小学生だった時に放送された東山紀之主演ドラマ「ザ・シェフ」(95年)で料理人に憧れたことを打ち明け、料理を母に教えてもらったが3日で飽きたことを告白すると、天海が「全然ダメじゃん」と突っ込み。しかし、テレビっ子でほかにもドラマから多く影響を受ける中、ある日「あ、全部出来るのは役者なんだ」と気付き、この道を目指したと語った。

 西島の子供の頃からの憧れはビートたけし。しかし「絶対言わなかった」のがポリシーで、最近こそ口にして知られてしまっているが、そのことを後悔しているそうで「(北野映画の)Dolls(02年)で呼んで頂いたときにも、連絡先を渡していないんです。毎回言いたいんだけど、言えない」と、憧れの存在を崩したくない苦しい胸の内を明かした。

最終更新:4/13(木) 0:03

スポーツ報知