ここから本文です

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(335)】めちゃイケに出演していた三ちゃんとイケメンの凸凹コンビ、dボタン

サンケイスポーツ 4/12(水) 16:00配信

 dボタン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)★結成・2016年★ボケ担当・三中元克(26)★ツッコミ担当・臼杵寛(26)

 今回登場するのはdボタンです。フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」で知られる三中と高校の同級生でもある臼杵によるコンビ。めちゃイケを卒業した三ちゃんは、今度こそ相方とともに再ブレークを狙う。

 --コンビを組んだきっかけは

 三中「高校の同級生で、それぞれ道に迷っていたときにコンビを結成しました」

 臼杵「三ちゃんは『めちゃイケ』、僕はよしもとのアイドルグループ、L.A.F.Uに所属して芸能活動をやっていました」

 --どうやって2人は再会した

 三中「僕が『めちゃイケ』に出始めたとき、相方からメールが来たんです」

 臼杵「その後に僕が『ものまね紅白』、三ちゃんが『めちゃイケ』の収録でたまたまフジテレビに来ていて、そこで再会しました。そこからちゃんと連絡を取り合うようになりましたね」

 --『めちゃイケ』にはコンビでも何度か出演しましたよね

 三中「そうですね。僕が番組を卒業する少し前に組んだので」

 --コンビ名は3度も変わっています

 三中「最初はワンハンドレッド、次がサンプライズで、今に至ります」

 臼杵「ナイナイの岡村さんと出川さんが『dボタンにしろ!! dボタン』と。dボタンと縁のあるコンビだから※とおっしゃってくれたので、今のコンビ名に…」

 ※三中が「めちゃイケ」のレギュラー生き残りをかけ、テレビリモコンのdボタンで視聴者投票を行ったため

 --「めちゃイケ」で学んだことは

 三中「僕にとっては『めちゃイケ』がお笑い学校のようでした。いろいろなことをたたき込んでもらいましたが、やっぱり人間関係ですね」

 --人間としてまだまだ未熟だった

 「岡村さんがそういうことにしっかりしている人なので、コンビを組むときも『とにかく必死でやりなさい』と声をかけてもらったんです。仕事に対して、どんなときも誠実に真面目に向き合うことを教わりました」

 --すでに売れている三ちゃんとコンビを組むことに抵抗はなかった

 臼杵「高校から知っているので、そういうのはなかったですね」 

 --三ちゃんのネームバリューに頼っていると思われるのでは

 臼杵「全くそういうことは気にしません」

 --どんなネタをやっている

 臼杵「漫才もコントもやっていますが、(天然な)三ちゃんのかわいいところを使ったネタが多いです」

 三中「僕はコントは苦手ですね。やっぱりキャラが付いてしまっているので、出落ちしちゃうんですよ」

 --今後の目標は

 三中「M-1グランプリ、キングオブコントで結果を残したいです」

 臼杵「劇場でのライブも多いので、ぜひ僕らを観に来てください」

 21日に沖縄で開幕する「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」に登場する2人。過去の自分を捨てて、芸人道を突き進む!!

最終更新:4/12(水) 16:00

サンケイスポーツ