ここから本文です

女性蔵元、地酒を発信 東京で「サケウイーク」

岐阜新聞Web 4/12(水) 8:39配信

 サッカー元日本代表の中田英寿さんがプロデュースし、全国100の日本酒蔵元が出展するイベント「クラフト サケ ウイーク」が16日まで、東京・六本木の六本木ヒルズで催されている。
 10日間の会期中、各日ごとにテーマを設けて10蔵ずつが出展。「桜美人の日」と題した10日は、女性蔵元が集まった。岐阜県内からは大塚酒造(揖斐郡池田町池野)が出展した。
 大塚酒造は「竹雀」の山廃純米吟醸酒など3品を出品、専務夫人の大塚亜希子さんが来場者に魅力をPRした。大塚さんは「岐阜のお酒の味を全国の人に知ってほしい」と話していた。
 日本酒の魅力を世界に発信しようと昨年から始まったイベント。全国の酒蔵を巡っている中田さんが自らの舌で100蔵を厳選した。都内の有名レストラン10店も日本酒に合う特別料理を用意。会場には桜の枝千本も並べられ、春を演出した。

岐阜新聞社

最終更新:4/12(水) 10:03

岐阜新聞Web