ここから本文です

『パワーレンジャー』『遊☆戯☆王』…日本人が見れなかった日本原作のハリウッド映画

dmenu映画 4/12(水) 11:10配信

3月下旬にアメリカで公開された映画『パワーレンジャー』(7月15日公開)は、日本において42年で通算41作が制作されている「スーパー戦隊」シリーズをアメリカ向けにローカライズした作品の劇場版です。現地では20年以上に渡り親しまれている人気シリーズで、公開初週末は全米3,693スクリーンで興収4,050万ドルを記録。『美女と野獣』(日本では4月21日公開)に次ぐ2位という華々しい週末ランキングを記録しました。(米ボックスオフィス調べ)

【画像】有村架純が『ヒーロー』を壮絶演技!

相次ぐアメコミヒーローの映画化に対抗するようなタイミングでの念願の映画化……という印象が持たれますが、実は『パワーレンジャー』の映画は、本作が3作目なんです。

日本にとっては早過ぎた? 映画第1作

本作の原点「パワーレンジャー」(1993~94年)は、日本で放送された「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(1992~93年)のスーツアクションと特撮シーンを流用し、キャストの顔出しシーンをアメリカで撮影したTVドラマです。アメリカの子供たちから瞬く間に人気を集め、全60話のシーズン1以降も、「五星戦隊ダイレンジャー」(1993~94年)、「忍者戦隊カクレンジャー」(1994~95年)の映像を用いて3シーズンが制作されました。

そんな人気絶頂の1995年に制作されたのが 劇場版第1作目『パワーレンジャー・映画版』でした。当時放送中のTVシリーズのキャストが出演した同作は、6人のパワーレンジャーが試練を乗り越えパワーアップする展開で、スーツを新調&アクションも全編新撮されました。また、ロボによる巨大戦はフルCGで描かれるなど当時としては破格のスケールとなっています。

第1作は全米2,400館超で上映され、初週週末成績4位を記録。全世界の最終興収は6,600万ドルを越えたそうです。日本では全米から10ヵ月遅れで公開されましたが、TVや映画で日々親しまれている現在ほど映像としてのヒーロー作品は浸透していなかった時代ゆえか、 盛り上がりには欠けていたようです。それもあってか、この後アメリカでは新シリーズの放送タイミングで劇場版第2作となる『パワーレンジャー・ターボ・映画版・誕生!! ターボパワー』(1997年)が制作されましたが、日本ではCS放送でTVスペシャルとして放送されたのみで、劇場未公開作品となっています。

1/2ページ

最終更新:4/13(木) 11:59

dmenu映画