ここから本文です

七戸町長選、小又氏が無投票3選

デーリー東北新聞社 4/12(水) 10:49配信

 任期満了に伴う七戸町長選は11日に告示され、現職の小又勉氏(68)=無所属=以外に立候補の届け出がなく、2013年の前回に続き無投票で3選が決まった。任期は24日から4年間。

 16年12月の町議会定例会一般質問で出馬を表明。新規就農者の支援強化、七戸十和田駅周辺の活性化を公約に掲げ、町議の大半の支持を取り付けていた。

 小又氏は11日、町選管で手続きを済ませた後、午前9時ごろから同町笊田の事務所前で第一声。「町の産業で、若く新しいチャレンジの芽が出ている。最大限のサポートをしたい」などと述べ、町政継続への意欲を示した。

 午後5時に届け出が締め切られると事務所に姿を見せ、雨の中集まった支持者らに「皆さんの意見が何よりの力になる。しっかりと声を聴きながら、町政を運営していきたい」と決意を語った。

 小又氏は旧天間林村出身で七戸高卒。02年から村長を1期務め、05年の旧七戸町との合併に当たって副町長に就任した。09年の町長選で初当選し、13年に再選を果たした。

 当選証書の交付式は17日午前10時から町役場本庁舎で開かれる。

デーリー東北新聞社

最終更新:4/12(水) 11:48

デーリー東北新聞社