ここから本文です

バルサ、デウロフェウの買い戻し決断か ミランCEO「6月に分かるだろう」

4/12(水) 0:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

エヴァートンから1月にレンタル移籍

現在ACミランに所属するジェラール・デウロフェウは、1月にエヴァートンより期限付きで移籍していた。ミランではリーグ戦11試合に出場し2ゴールを挙げ、スペイン代表にも選出された。

デウロフェウの所有権を持っているのはエヴァートンだが、元々バルセロナ出身のプレイヤーである。バルセロナから移籍する際に買い戻しオプションが契約に含まれており、そのオプションを行使するのではないかと噂になっていた。そこで今回ミランとバルセロナは話し合いの場を設けたようだ。ミランCEOのアドリアーノ・ガッリアーニ氏は『Milan TV』にその話し合いについて「6月に分かるだろう。マーケットでなにが起こるか分からないよ。だからなにも言えない。バルセロナの担当者と話をした。しかしそこでのことは言えないよ」と語った。

バルセロナは買い戻しのオプションを行使し、デウロフェウは復帰するかもしれない。古巣であるバルセロナに戻れたとしても、壮絶なレギュラー争いが待っているだろう。果たしてどのような決断となったのか、真相は6月に分かる。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報