ここから本文です

【インド】ソフトバンク合弁、インド南部で太陽光発電所を稼働

4/12(水) 18:40配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 ソフトバンク・エナジー・ホールディングス(SBエナジー)は4月11日、アンドラ・プラデシュ(AP)州で太陽光発電所(容量35万キロワット)の営業運転を開始したことを明らかにした。

 SBエナジーは、ソフトバンクグループと印バルティ・グループ、台湾の電子機器受託生産(EMS)大手フォックスコン・テクノロジー(鴻海科技)グループの3社による合弁企業。

 SBエナジーによると、世界第7位の規模を誇るこの太陽光発電所は3月27日に運転を開始。契約時の日程よりも2カ月近く前倒しで実施したという。