ここから本文です

マドゥロ大統領の退陣要求、ベネズエラで反政府デモ

ロイター 4/12(水) 16:27配信

 南米ベネズエラの首都カラカスで4月11日、独裁色を強めるニコラス・マドゥロ大統領の退陣を求める学生デモ隊が治安部隊と衝突した。投石するデモ隊に向けて治安部隊は催涙弾を発射するなど、首都は騒然とした空気に包まれた。
 大統領選挙を来年に控えたマドゥロ大統領は、野党指導者のエンリケ・カプリレス氏に対して、15年間の政治活動禁止を命じたが、これが逆に野党陣営と学生らを勢いづかせた。
 これに対して政府は、外国の介入を招く恐れがある反政府デモを扇動したとして、暴動の責任を野党に転嫁。欧米諸国は、暴動とカプリレス氏の政治活動禁止令を激しく非難するに至って、マドゥロ政権は国内外からの圧力に晒されている。

(ベネズエラ、カラカス、4月11日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

最終更新:4/12(水) 16:27

ロイター