ここから本文です

ポルシェ カイエンに乗る高揚感を一人でも多くの女性たちに!モデルの滝沢眞規子さんがその魅力を語る!

4/12(水) 15:48配信

オートックワン

ポルシェ ジャパンは4月7日(金)、4月15日(土)・16(日)の2日間で開催するポルシェ「カイエン」のフェアに先駆けたプレスイベント、“悠々と、凛々しく。Porsche Cayenne Stylish Moment”を開催した。当日は雑誌「VERY」の専属モデルとして活躍する滝沢眞規子さんがゲストとして登場した。

イベントの様子(画像9枚)

子供たちの送り迎えなど、毎日車に乗るという滝沢眞規子さん。ポルシェラバーで、大型「SUVカイエン」のオーナー歴も長いということから、今回ポルシェ ジャパンは滝沢眞規子さんをカイエンのエバンジェリスト(伝道師)として招き、トークイベントを開催。ポルシェ ジャパンの執行役員 マーケティング部長 山崎香織氏がホスト役を務め、滝沢眞規子さんのポルシェとの出会いや、カイエンを選んだ理由、また家庭を大切にしながらアクティブに毎日を生きる、ハンサムな女性のライフスタイルにフォーカスし、トークが繰り広げられた。

「移動がただの移動ではなくなるという歓びを毎日感じられる」

会場の桜とマッチした花柄のブラウスに鮮やかなピンクのパンツスタイルで登場した滝沢眞規子さん。3人の子供がいる忙しい日常のなか、「意識的に自分の時間をつくるよう心がけている」とのこと。車に乗る時は「家族とゆっくり話せる貴重な時間」であり、「一人で撮影現場に向かう前、緊張している時も、車で好きな音楽を聴いてリラックスして気持ちを高めていく時間でもある」と語った。

16年以上の間、愛用をしているポルシェ。その魅力ついて「移動がただの移動ではなくなるという歓びを毎日感じられる」「家のガレージに止まっている車をみるとそれだけで頑張ろうと思える」「子供を乗せていても車内が素敵な空間に変わる」と語った。また、その長いポルシェ所有歴の中で3台乗り継いできたカイエンについては、「2人乗りのバギーを後ろに乗せ、後部席に2台チャイルドシートをのせてもまだ余裕があって、快適に過ごすことができた。」「大変な時も豊かな気分にさせてくれるのはポルシェというブランドならでは。カイエンのおかげで、どんなに慌ただしいときも自分らしくいられた」と話した。

ポルシェ ジャパンの山崎香織氏は、会場に展示された「カイエンS E-ハイブリット プラチナエディション」について、「贅をつくした室内空間。そしてプラグイインハイブリットは街中でお子様が寝ている間、静かに走りたい時にも快適。一方でスポーツモードでダイナミックな走りも楽しんでいただける」と紹介。最後は、4月15日(土)、16日(日)に全国ポルシェ正規販売店にて開催されるカイエンフェアの情報と、個人的な夢のドライブルートという「瀬戸内しまなみ海道ドライブ」のプレゼントキャンペーンや来場記念品にも触れ、女性の気分を高揚させてくれるラグジュアリーSUVカイエンをぜひ、フェアでご夫婦でご来場いただき、試乗して、実感してもらいたいと伝えた。

1/2ページ

最終更新:4/12(水) 15:48
オートックワン