ここから本文です

警察車両また事故 乗用車と衝突2人軽傷 /千葉・芝山

4/12(水) 11:20配信

千葉日報オンライン

 千葉県芝山町岩山の国道296号と県道が交わる十字路交差点で10日午後10時ごろ、山武署警備課の男性巡査部長(37)が運転する警察車両と乗用車が衝突、乗用車の男性(41)=県内=が右足先に擦り傷を負った。警察車両に同乗していた地域課の男性巡査(32)も脇腹に軽傷。巡査部長は「赤信号を見落としたかもしれない」などと話しているといい、同署は警察車両が赤信号を直進したとみて、事故原因を調べている。

 同署によると、国道を直進していた警察車両の右側面に、県道を直進してきた乗用車が衝突したとみられる。警察車両ははずみで横転、乗用車は近くの水田に落下した。

 警察車両はワゴン型のゲリラ対策車両で、成田空港や要人の関連拠点などを定期巡回していた。乗用車の男性は「こちらが青信号だった」と説明。警察車両は赤色灯をつけてパトロール中だったという。

 15日までは春の全国交通安全運動期間中(6日~)。吉岡一久副署長は「交通安全運動期間中に事故を起こしたことを重く受け止めている。再発防止のため、署員への指導を徹底する」とコメントした。

◆千葉県警、全所属に通達

 警察車両の事故が相次いでいることから、県警は11日、全所属に対して警察車両の安全運転を呼び掛ける通達を出した。

 9日には松戸市秋山2の国道464号交差点で、緊急走行中のパトカーが赤信号で交差点に入り乗用車に衝突、乗用車の女性2人がけがを負った事故も発生。

 今年に入ってから警察車両が関係した主な事故は▽交通違反取り締まりで緊急走行中に乗用車とパトカーが衝突(1月25日、野田市)▽ガソリンスタンドから出てきた乗用車とパトカーが衝突(2月10日、芝山町)▽火災現場に向かう覆面パトカーと乗用車が衝突(2月20日、茂原市)▽緊急走行中のパトカーがタクシーと衝突(3月16日、千葉市)-となっている。