ここから本文です

約180年の歴史。アニメーション作品の進化の変遷

4/12(水) 20:10配信

ギズモード・ジャパン

アニメ鑑賞の起源はボッチ。

今、私たちが目にするアニメはカメラが縦横無尽に動き回り、キャラクターも立体的でヘアもフサフサ、サラサラが当たり前のものばかり。

【動画付き記事は、こちらからご覧いただけます】

しかし、これが一般的になる前は2Dアニメ、それより前は白黒サイレント、もっと前は円盤を回転させて絵を鏡に映し、それをスリットから覗き込んで見るフェナキストスコープが一般的でした。

構造の関係で、このフェナキストスコープのアニメーションを楽しめるのは 1回につきひとりのみ。今は、映画や配信を見ながらツイッターやフェイスブックでリアル投稿ができるんだから、時代は随分と変化しました。

というわけで、180年あまりで技術も観客の楽しみ方も大きく進化したアニメーション。今日はそんなアニメ作品の進化の変遷をご覧いただきます。

動画はThe Solomon Societyより。

アップ主であるThe Solomon Societyは動画中に登場するアニメ作品のタイトルを掲載していなかったので、独自に調べてみました。以下の通りです。

1833年 おどろき盤(フェナキストスコープ)

1906年『Humorous Phases of Funny Faces』

1908年『ファンタスマゴリ』

1911年『リトル・ニモ』

1914年『Gertie the Dinosaur』

1918年『Sinking of the RMS Lusitania』

1919年『フェリックスの初恋』

1923年『クレイジー・カット』シリーズ

1925年『クレイジー・カット』シリーズ

1928年『蒸気船ウィリー』

1929年『シリー・シンフォニー』

1930年『ベティ・ブープ』

1931年『The Idea(L'ldee)』

1932年『花と木』

1933年『Three Little Pigs』

1934年『The Grasshopper and the Ants』

1937年『白雪姫』

1940年『ファンタジア』

1940年『ピノキオ』

1941年『ダンボ』

1941年『バンビ』

1950年『シンデレラ』

1951年『不思議の国のアリス』

1953年『ピーターパン』

1955年『わんわん物語』

1959年『眠れる森の美女』

1961年『101匹のわんちゃん』

1967年『ジャングル・ブック』

1968年『イエロー・サブマリン』

1973年『ロビンフッド』

1973年『ファンタスティック・プラネット』

1980年『きつねと猟犬』

1983年『ファイアー&アイス』

1984年『風の谷のナウシカ』

1986年『天空の城ラピュタ』

1990年『ビアンカの大冒険ゴールデン・イーグルを救え!』

同じくThe Solomon Societyによる第二弾。

1991年『美女と野獣』

1992年『アラジン』

1993年『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

1994年『ライオンキング』

1994年『平成たぬき合戦ぽんぽこ』

1995年『トイ・ストーリー』

1995年『ポカホンタス』

1996年『ノートルダムの鐘』

1996年『スペース・ジャム』

1997年『ヘラクレス』

1997年『もののけ姫』

1998年『アンツ』

1998年『プリンス・オブ・エジプト』

1998年『ムーラン』

1998年『バグズ・ライフ』

1999年『アイアン・ジャイアント』

1999年『ターザン』

1999年『トイ・ストーリー2』

2000年『チキン・ラン』

2001年『千と千尋の神隠し』

2001年『モンスターズ・インク』

2001年『シュレック』

2002年『アイス・エイジ』

2002年『リロ・アンド・スティッチ』

2003年『ファインティング・ニモ』

2003年『ブラザー・ベア』

2004年『シュレック2』

2004年『ミスター・インクレディブル』

2004年『ハウルの動く城』

2005年『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』

2005年『コープス・ブライド』

2006年『カーズ』

2006年『ハッピーフィート』

2007年『レミーのおいしいレストラン』

2008年『カンフーパンダ』

2008年『ウォーリー』

2009年『カールじいさんの空飛ぶ家』

2009年『プリンセスと魔法のキス』

2009年『コララインとボタンの魔女』

2009年『ファンタスティック Mr.FOX』

2010年『ヒックとドラゴン』

2010年『トイ・ストーリー3』

2010年『塔の上のラプンツェル』

2011年『ランゴ』

2012年『パラノーマン』

2012年『シュガー・ラッシュ』

2013年『風立ちぬ』

2013年『アナと雪の女王』

2014年『レゴムービー』

2014年『ベイマックス』

2015年『インサイド・ヘッド』

2015年『アノマリサ』

2015年『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス』

2017年『レゴバットマン』

 

1932年に作られたディズニーの『白雪姫』は、まさに「その時歴史が動いた」そのもの。それから90年代半ばまで堰を切ったように名作が公開されています。この時代に生きていたら楽しかったでしょうね。

image: YouTube
source: YouTube(1・2)

(中川真知子)