ここから本文です

急成長するネットメディア 未来は危険なのか?

4/12(水) 22:39配信

AbemaTIMES

(C)AbemaTV

1年前の熊本地震の際、「近くの動物園からライオンが逃げた」というデマツイートが拡散、投稿した男性がその後逮捕されるという事件が起こった。いまや全人口の約7割がスマホを所有。多くの若本にとってスマホ、インターネットが情報収集の手段となっている。一方で総務省が発表した「メディアの信頼度」では、新聞やテレビが6割を超えたのに対し、インターネットは3割を切っている。背景には、フェイクニュースやデマが世界中で拡散されているという現状がある。

 フェイクニュースがとりわけ注目を集めたのは去年11月のアメリカ大統領選だろう。トランプ氏を厳しく批判していたローマ法皇が最後にはトランプ支持を表明するという情報や、オノ・ヨーコ氏が1970年代にヒラリー・クリントン氏と性的関係があったというフェイクニュースが拡散してしまった。

 日本でも、DeNAが運営していたまとめサイト医療系サイト「WELQ」をはじめとする“まとめサイト“で、不正確な情報が記載されていたことが問題になっている。

インターネットを規制をすべきなのか?

 では、ネット情報の信頼度を上げるためにはどうすれば良いのか。「法規制」という方法は、ネットの世界においてはサーバーが海外にあるケースもあり、国境との問題も横たわる。またネット本来の魅力である「自由な空間」が失われる可能性も高い。慶応大学特任准教授の若新雄純氏は「2ちゃんねるの『名無し」の書き込みをはじめ、新しい創作がネットのカオスの中から生まれてきた。規制が強化されることで、そうした独自の文化の発展が妨げられる」と指摘する。

 さらに若新氏は「新聞を手にとって読む場合は安心して読むし、雑誌を読むときはある程度、信頼性を疑いながら読む部分があると思う。それがネットだと新聞の記事も個人が発信した情報も、同じな画面で同じように見えてしまう。「2ちゃんねる」は、サイトもなんとなくいい加減なイメージがあるが、WELQはちゃんとしたデザインで、信頼できそうなイメージがあった。信頼できるサイトとあまり信頼できないサイトがすぐに見てわかるようにすることはできないだろうか」と提言した。

 元朝日新聞記者で、J-CASTニュースやニコニコニュースの編集に携わってきた亀松太郎氏も、「できるだけ規制をすることなく、リテラシーを高めていくことで解決できるる可能性はある。ネットがバーチャルではなく、もうリアルになりつつあるという状況の中において、信用できる記事もある一方、信用できないサイトもあるよ、ということをまず学校で教えていくことが重要ではないか」と話した。

 一般社団法人リディラバ代表の安部敏樹氏は、インターネットが身近な環境で成長した若者のネットリテラシーは実は比較的高く、むしろこれからスマホを使い始める高齢世代の方がフェイクニュースの被害に遭ってしまう可能性は高いとも指摘した。

1/2ページ

最終更新:4/12(水) 22:39
AbemaTIMES