ここから本文です

井上苑子、SNSで支持を集める若きシンガーソングライター 彼女の人生観とは

4/12(水) 7:10配信

MusicVoice

 【インタビュー】SNSなどを通じて若者から絶大な人気を集めるシンガーソングライターの井上苑子(19)が12日に、通算4枚目となるシングル「メッセージ」をリリースする。表題曲は映画『ReLIFEリライフ』主題歌で、歌詞は劇中の登場人物の気持ちを重ねている。カップリングにはテレビCM曲としても話題を集めている、槇原敬之「どんなときも。」のカバーを収録。同曲については「私らしさがありながら、強い意志の感じられるものになった」と語っている。兵庫県神戸出身。小学生の頃からライブをおこない、2015年にメジャーデビュー。同世代を中心に支持を集める彼女が今、メッセージを贈りたい相手とは?

最近会っていない父親にメッセージを贈りたい

――「メッセージ」は、4月15日から公開の映画『ReLIFEリライフ』の主題歌。井上さんは、もともと原作コミックのファンだったそうですね。

 はい。めっちゃファンでした。アプリ「comico」で読んでハマってしまって、「これは本当に面白いから読んだほうが良いよ!」って、友だちに薦めていたところに、マネージャーさんから『ReLIFEリライフ』主題歌のお話を聞いて。「え?」って、聞き間違いかと思うくらい驚きました。

――それほど大好きな作品の主題歌を担当するのは、うれしいですね。

 映画主題歌を担当させていただくこと自体初めてでうれしいのに、それが自分の好きな作品ですから、うれしさも倍増です。昨年のワンマンライブでみなさんにご報告させていただいたときは、「みんなも絶対喜んでくれるだろうな」って思って、ワクワクしながら発表出来たので、自分自身もすごくうれしくて楽しくて。とても良い経験をさせていただきました。

――「メッセージ」は、そんな映画『ReLIFEリライフ』のどういう部分をフィーチャーして書こうと?

 主人公は、人生を上手くやれていないニートで、突然現れた人から10年前に戻れる薬をもらって、高校生をやり直すというお話です。主人公は、最初は適当に学校生活をやり過ごそうとするんですが、他の生徒と関わりながら、徐々に気持ちが前向きに変わっていくんですね。私は、その様子にすごく感動して、自分の人生をもっとちゃんと生きなきゃ後悔しちゃうなって思ったんです。そういうことを考えながら、曲を作りました。

――歌詞の気持ちとしては、主人公に恋をしている日代千鶴の方ですか?

 はい。原作を知っているファンの方からは、「めっちゃヒシロン(日代の愛称)だね」って言っていただけました。

――千鶴は、コミュ障と言うか。笑顔がヘタなんですよね。

 そうそう。それで、同級生の狩生(玲奈)さんを誤解させて、ひと波乱あったりとか(笑)。日代さんは、人と話すのも得意じゃなくて。歌詞の通り、気持ちを言葉にするのが上手じゃない女の子なんです。それでも頑張っている健気な感じがあって、そこが見守ってあげたくなる感じで。マンガを読んでいて、全然自分とは違うのに、分かるな~と思う部分もあったりしたんです。

――井上さんは、反対の性格のような気がしますけど、どういうところに共感を?

 日代さんは、自分の気持ちに蓋(ふた)をしてしまうところがあって。私は、気持ちを言葉にするのは苦手ではないけど、自分の気持ちに嘘を付いてずっと何もせずに生きている姿が、何だか分かるなって。私は勇気を出して一歩を踏み出せたから今の私があるんですけど、そこに至るまでの消費カロリーは、やっぱりものすごいんです。

 きっと日代さんは、まだその勇気を出してないだけなんだろうなって。そういう部分で、過去の自分と通じるものを感じたので、そのことを歌詞にしたいと思って。それで、自分自身に言い聞かせながら、同時にいろんな人の背中を押してあげられる曲になったら良いなと思いました。

――井上さんの同世代には、その一歩を踏み出す勇気が持てない子って、けっこう多かったり?

 すごく多いです。言いたいことがあっても直接言わずに、告白もLINEでやったりとか。そういうのって、すごくもったいなって、原作コミックを読んで思いました。SNSを使うことが悪いわけではないけど、気持ちを直接言葉にして伝えることの大事さも忘れないで欲しいということが、今のこの時代を生きているみんなに伝われば良いなと思います。

――「メッセージ」というタイトルですが、今誰にどんなメッセージを伝えたいですか?

 父が単身赴任で地方に行っているので、なかなか会って話す機会がなくて。「ありがとう」とか、直接伝えたこともないので、そういう気持ちを伝えたいですね。

 メールやLINEはよく来るんです。「職場の人が、お前のことを知ってたよ」とか。そういう報告みたいなのばっかりで、自分のこととか気持ちを書くことはなくて。

――たまに会ったときは、どんな感じになるんですか?

 母とは友だちみたいな関係で、素で何でも話せるので、いつも気持ちを言葉にして伝えているんですけど…。父親とか兄とかだと、素で言うのが照れくさくて。いつも、若干ムッとしながらで話しちゃうんですよね(笑)。だからこそと言うか。いつもムッとしてるけど、本当に感謝しているんだよって。

――今度は、素直に伝えましょうね。

 ああ~~。これを読んでくれれば良いかな(笑)。

1/3ページ

最終更新:4/12(水) 7:10
MusicVoice