ここから本文です

アムロン、新工場に深絞りプレス機

4/12(水) 11:37配信

日刊産業新聞

 鋼材加工販売のアムロン(本社=香川県高松市、岩崎巨樹社長)は薄板加工拠点であるテクノ香川(高松市、古川隆則・執行役員工場長)に新工場を建設し、最新型の1500トン深絞りプレス機を導入した。加圧能力1000トン超のプレス機は四国でも最大クラス。3月下旬に工場建屋の引き渡しとプレス機の据え付けを終えており、4月中の本格稼働を目指す。既存工場に省人化を目的としたスポット溶接ロボットの新設も実施した。投資額は土地・建物を含め、約7億5000万円。

最終更新:4/12(水) 11:37
日刊産業新聞