ここから本文です

アームレストが寝袋? トヨタがC-HRよりも小型のSUV「FT-4X」を世界初公開【NYショー2017】

オートックワン 4/12(水) 23:36配信

トヨタは、新たなSUVのコンセプトカー「FT-4X」をニューヨークオートショー2017で世界初公開した。

ユニークな装備が満載のトヨタ 新型FT-4Xの写真を見る(画像57枚)

FT-4Xは、アウトドアシーンを中心にクルマの新しいあり方を提案する小型SUVベースのデザインコンセプトだ。

米国のデザイン拠点であるCalty Design Research,Inc.(Calty)が手がけたモデルで、手軽さやカジュアルさを好み、思い立ったらすぐにアウトドアに出かけたい都市部在住のミレニアル世代(30代半ばまでの若者世代)をターゲットに企画した。

FT-4Xのデザインテーマは“Rugged Charm(頑丈で魅力的)”。

エクステリアは、「X」をモチーフにした特徴的なスタイリングとしつつ、グリルは水平基調を採用してトヨタの伝統的なSUVデザインも踏襲した。

また、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のプラットフォームを採用し、4WD性能も搭載することで、走る楽しさやタフユース性能も備えた。

ボディサイズは、全長x全幅x全高が4249x1821x1623mmで、ホイールベースが2639mm。

噂では次期型FJクルーザーか?と、言われていたが、全長についてはトヨタのコンパクトSUV「C-HR」の4360mmより111mmほど短いかなりのコンパクトボディのようだ。

インテリアでは、取り外し可能で外でも使えるオーディオやルームライト、飲料用ボトルとして使えるドアハンドル、センターコンソールに収納して普段はアームレストとして機能する寝袋など、アウトドアシーンで役立つユニークな装備やデザインを採用。

いつ・どんな場所からでもアウトドアに出かけて、活躍できるクルマを目指した。

Caltyの社長ケビン・ハンター氏は「今回、私たちは、クロスオーバー車が都市部や郊外でのアウトドアシーンに付加できる楽しさや新たな価値を追求した。FT-4Xは、スタイリングと機能が融合したクルマであり、思いやりと魅力にあふれた装備を通じて、アウトドアでの楽しさと利便性を提供することができるクルマだ」と語った。

また、スタジオ・チーフ・デザイナーのイアン・カルタビアーノ氏は「デジタルなインターフェースが多用される現代でも、メカニカルなデザインや機能の満足感は重要だと考えており、FT-4Xのデザインや装備の多くはその考えをもとに企画した。お客様にはこのクルマと接してワクドキを感じて欲しい」と述べた。

【エクステリア】

・「X」をモチーフにした特徴的なスタイリング

・ランドクルーザーなどトヨタSUVの伝統を継承する水平基調のグリル

・グローブをはめたままでもグリップしやすい「メカニカルな作業感」のドアハンドル

・観音開きと縦開きをシーンで使い分けられるバックドア

・決定的な瞬間を撮影するためのサイドミラーに装着された小型カメラ

・視界が良くカスタマイズも可能なリアサイドウインドウ

【インテリア】

・クリーン(フロントシート)/ウェット(リアシート)/カーゴとゾーンを分けたキャビン

・スライドすると現れるカーゴゾーン下の収納スペース

・ナビやアプリを活用できる、ドライバーの正面に配置したスマートフォン

・使いやすい位置に配置されたフロント/サイドのコンソールボックス

・湿ったグローブの乾燥などに役立つシリンダータイプの回転するダクト

・アウトドアで懐中電灯としても使える取り外し可能なルームライト

・アウトドアでも使える取り外し可能なオーディオ

・普段はドライバーのアームレストになっている寝袋

・飲料用ボトルとして使用できる取り外し可能なドアハンドル

・冷蔵と保温で使い分けられるバックドア内側に装着された2つのコンソールボックス

最終更新:4/13(木) 12:31

オートックワン