ここから本文です

【F1】アロンソ、インディ500参戦を発表。佐藤琢磨在籍のアンドレッティに参加。モナコGPは欠場

4/12(水) 19:10配信

motorsport.com 日本版

 マクラーレンは、フェルナンド・アロンソが今年のインディ500に参戦することを発表した。

【動画】アロンソとザク・ブラウンから、”インディ500参戦”についてメッセージ

 マクラーレン・ホンダで3年目のシーズンを戦うアロンソが、新たな挑戦をすることが決まった。今年のインディ500に参戦するというのだ。アロンソは、佐藤琢磨も在籍する、アンドレッティ・オートスポートの6台目のマシンを走らせることになる。

 このマシンはマクラーレン・ホンダのカラーリングをまとうことになるといい、エントリー名も「マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ」となる。

 アロンソは以前からインディ500への挑戦を熱望していたといい、その夢がついに実現することになる。なお、インディ500の決勝日には、F1モナコGPが開催されるが、こちらは欠場することになるという。代役のドライバーは、追って発表される。

世界三大レースを制するのが夢

 アロンソは今回の決定について、次のようにコメントしている。

「マクラーレン、Honda、それにアンドレッティ・オートスポーツとともにインディ500に出場できることをとても嬉しく思います。インディ500はル・マン24時間とF1モナコGPに並び、世界中のモータースポーツの中で、もっとも有名なレースです。今年モナコでドライブできないことはもちろん残念ですが、今シーズンF1で欠場するのはモナコだけですし、インディ500が終わったらすぐにチームに合流し、6月のカナダGPに備えます」

「これまでインディカーをドライブしたことはなく、スーパースピードウェイでもレースをしたことはありませんが、すぐに順応できる自信があります。インディカーレースはテレビやインターネットでよく見ていますが、350キロを超えるハイスピードでの接近戦になるので、ドライビングに高い正確性が求められることは間違いありません。かなり短い期間でマシンに慣れる必要がありますが、スペインGP終了後すぐに渡米し、マクラーレン・ホンダ・アンドレッティのマシンでできるだけ多くの周回を重ねて、マシンを自分のものにしていきたいです」

「優秀なアンドレッティ・オートスポーツのクルーと一緒に仕事ができることをとても嬉しく思っていますし、彼らが持つ知識と経験から多くのことを吸収しようと思います」

「モナコでは2勝をあげていますし、世界三大レースのすべてを制することは私の夢のひとつです。その偉業を成し遂げたのはグラハム・ヒルただ一人で、とても大変なことはわかっていますが、挑戦しがいのあるチャレンジです。ル・マンにはいつチャレンジできるかわかりませんが、まだ35歳ですし、時間はたっぷりありますから、いつか挑戦したいと思っています」

1/4ページ