ここから本文です

アロンソのインディ500参戦を発表したマクラーレン。インディカーフル参戦とル・マン復帰の可能性も示唆

motorsport.com 日本版 4/12(水) 20:29配信

 マクラーレン・テクノロジー・グループの執行委員会会長を務める、マンスール・オジェも、フェルナンド・アロンソのインディ500参戦にコメントを寄せた。

【動画】アロンソとザク・ブラウンから、”インディ500参戦”についてメッセージ

「私は30年以上にわたり、マクラーレンの大株主と、ディレクターを務めてきた。しかし私がここに加わった1970年代後半は、すでに最初のインディカーの時代が終わった後だった」

 そうオジェは語る。

「しかし、私はインディ500に行ったことがある。そして素晴らしい眺めと、その規模に感銘を受けた。巨大で組織的なイベントと、訪れた何十万人ものファンの熱狂的な情熱にね」

「30年以上経った今、アンドレッティ・オートスポートやホンダと共に、マクラーレンにとっての新しいインディカーの時代に乗り出すことに、喜びと誇りを感じている。インディ500は、今年我々が参戦する唯一のインディカーのレースだが、今後何年も、このようなことを繰り返すかもしれない。そして、将来的には、マクラーレンのインディカーを、フル参戦させる可能性もある」

「同様に、我々にはル・マン24時間レースに再び参戦する可能性だってある。我々は1995年に、マクラーレンF1 GTRで総合優勝を果たした。現時点では、具体的な計画はないが……」

最終更新:4/12(水) 20:43

motorsport.com 日本版