ここから本文です

鉄スクラップ 関東輸出価格2万7380円

日刊産業新聞 4/12(水) 11:51配信

 関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ社長)は11日、鉄スクラップ輸出入札(4月契約、船積み期限5月31日)を実施し、落札価格(H2)はFASトン2万7380円となった。数量は1万トン。前回(3月9日実施)に比べて3788円安で2カ月ぶりの下落。海外輸出市況で一部底打ち感が出てきた中、主要輸出先である韓国向け商談が低調に推移し、また円高の為替動向なども影響し、「想定を下回る落札価格で、インパクトに欠ける」(大手シッパー)との見方が多い。今回の落札価格は11日時点で地区湾岸価格の中心値を上回っているものの、メーカー炉前購入価格を下回っており、今後、湾岸価格で底値を探る動きと、メーカーの炉前購入価格に影響を与える可能性が出ている。

最終更新:4/12(水) 11:51

日刊産業新聞