ここから本文です

お金を増やすつもりのその行動、逆効果な3の行動

4/12(水) 23:00配信

ELLE ONLINE

春は心機一転、洋服が欲しくなるし、習い事や留学、転職など、未知なる分野のチャレンジもしたくなる季節。でも先立つものがなければなかなか行動に踏み出せないもの。いざというときに欲しいものが買える、したいことができる自分でいるためにお金を無駄にしない体質作りをしておくべし。今回はお金を増やすつもりでやっていた行動のなかにある注意信号をチェック! あなたの日常生活、大丈夫?

これは節約になる?! お酒を“全く飲まない“セレブたち

危険アラーム1/終電間際まで頑張って働くことで稼ぎをUP ……?

任された仕事は徹底的にやり抜く!とばかり、毎日深夜まで頑張っちゃう働き者のあなた。頑張りは報われるはず、と思っているかもしれないけれど、頑張り方が間違っているかも! ときにはそんな日も必要だけど、毎日となると上司からは「効率の悪い人」「タスクマネジメントのできない人」とマイナスの評価を受けるリスクも。終電を逃してタクシーで帰ったり、眠気覚ましにエナジードリンクやコーヒーを常飲したり、体調を壊して病院や薬代がかかったり……と無駄金を使っていない? それよりも規則正しい生活でクリアな頭で働いた方が、断然お得なはず!

危険アラーム2/ポイントが貯まるから、買い物はすべてクレジットカードで……?

お買い物がスマートになるし、ポイントも貯まるし、明細表で出入金が管理できるし……といいことも多いクレジットカード。でもそのメリットが仇になっていることも。割り勘のときも「私がカードで払っておくから」と出して、みんなから端数を切り捨てた金額を徴収してしまったり、「ポイントが貯まるから」とお金を使うたびに得をしている錯覚を起こしてしまったり、明細表があることに油断して、その結果逆に出入金の管理がおろそかになったり……なんてことも。2万円だろうが20万円だろうがサインひとつで片付いてしまうクレジットカードは、金銭感覚が麻痺する恐れもあり! マイナス要素も十分理解した上で、賢い使い方を。

危険アラーム3/知識や経験は何よりの財産。自分磨きのお金は惜しんではダメ……?

スクールに通ったり資格を取得したり、また通信講座や読書など自分磨きのためにたくさんお金をかけている人も多いもの。でも毎月月謝を払っているだけで行った気になっている“献金型”のお稽古や、買っただけで読んだ気になっている“積ん読”の本、さらに簡単にとれる割に高額な受験料の資格を取得し、役立てるわけでもないのに毎年更新料を払っている……なんていう“資格ビジネスのカモ”に陥っていたりしてない? 自分磨き、自己鍛錬という甘い響きに流されず、必要な出費かどうか十分検討する冷静さを忘れずに。(Text: Yurico Yoshino)

最終更新:4/12(水) 23:00
ELLE ONLINE