ここから本文です

バイエルンがシャビ・アロンソの後釜に選んだのは広州恒大の28歳MF?

4/12(水) 12:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今夏に中国からドイツへ?

偉大なMFの後継者は、アジアで戦うブラジル人となるのだろうか。ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンが、シャビ・アロンソの後釜として広州恒大のパウリーニョ獲得を検討しているようだ。

“パウリーニョ”ことジョゼ・パウロ・ベセーラ・マシエル・ジュニオールは現在28歳のブラジル代表MFで、2006年にリトアニアのヴィリニュスにてプロデビューを飾ると、コリンチャンスではブラジル全国選手権制覇に貢献。また、2013年からの2年間はプレミアリーグ屈指の名門トッテナムでプレイするなど、国際経験豊かなこのMFにバイエルンが目を付けたと『RMC』が報じている。どうやらドイツ王者は攻守において絶大な影響をもたらすパウリーニョを、今季限りでの引退を発表したシャビ・アロンソの後継者に据える意思があり、今夏に広州恒大から引き抜くことを画策しているようだ。

2年を過ごす中国スーパーリーグでは公式戦70試合以上に出場したパウリーニョ。果たしてこの運動量豊富なセンターハーフは夏以降、世界的な天才パサーの後釜という重責を担うことになるのだろうか。今後の展開に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp