ここから本文です

山東魯能のFWペッレ「大金が無かったら中国には絶対に来ない、当然だ」

4/12(水) 12:11配信

theWORLD(ザ・ワールド)

巨額の年俸プレイヤーに

彼はその本音をさらけ出した。昨年夏より中国の山東魯能でプレイするイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレが、極東上陸の理由を赤裸々に語り、ドイツ戦のPKについても回想している。

“爆買い”を了承した多くの選手が「新たな挑戦」などをその理由に挙げるものの、元サウサンプトンFWは少し事情が異なる。彼は2016年夏の中国移籍に関して、よりストレートな意見を公にした。伊『Italia 1』は正直なペッレのコメントを伝えている。

「もしも大金を提示されなければ、中国へ来ることは絶対になかったね。当然だ」

また、ユーロ2016のドイツ戦におけるPK失敗と相手GKへの挑発行為についても語った。

「僕はあの場面でマヌエル・ノイアーを冷やかす意図なんてなかったんだ。彼が(キック前に)色々と動き回ることを知っていたから、チップキックをするよう仄めかした。そうすれば真ん中に立ったままで居てくれるかもしれないからね。僕はノイアーの右側へシュートすることを決めていたんだ。でも横へ蹴りすぎてしまったね」

http://www.theworldmagazine.jp