ここから本文です

エース不在でローテ唯一の左腕、広島ドラ3床田がプロ初勝利 ドラ1加藤に続いた

4/12(水) 20:48配信

Full-Count

7回5安打5失点も味方が援護、ジョンソンが離脱で貴重な左腕

 広島のドラフト3位ルーキー・床田寛樹投手が12日の巨人戦に先発。2試合目の登板でプロ初勝利をあげた。7回5安打5失点だったが、味方の援護にも助けられて記念の白星を手にした。

 床田は初回、2死二塁で阿部に右翼席への2ランを打たれ先取点を許した。プロの洗礼を浴びたが、2回以降は調子を上げた。味方が追いついた2回は、長野をフォークで空振り三振。岡本はスライダーで、小林は直球でそれぞれ見逃し三振を奪った。テンポ良く投げ3、4回も3者凡退にしとめた。

 しかし7-2とリードが5点に広がった5回。長野、岡本の連打などで1死二、三塁とされ、代打の村田に左翼席への3ランを浴びた。2点差と迫られたが、6、7回は無安打に抑えた。

 広島の新人ではドラフト1位の加藤拓也に続く勝利。沢村賞左腕のジョンソンが咽頭炎で離脱しており、ローテーション投手の中では唯一の左腕として重要な存在。キレのある直球と、多彩な変化球が魅力の床田。剛腕の加藤とは対照的なタイプで、今後の飛躍が期待される。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/12(水) 21:10
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 23:10