ここから本文です

テラ盛りプレート! 関西の大食い女子大生が「大人のお子様ランチ」に挑戦してみた

4/12(水) 14:00配信

Lmaga.jp

子どもだけの特権メニューと言えば、そう「お子様ランチ」。今回、「お子様ランチをお腹いっぱい食べたい・・・!」と、東大阪にあるレストラン「キングスポート」へやってきた。こちらには、21歳の私もオーダーできる「お子様ランチ」があるらしい。

【写真】食べても食べても湧いてくるキャベツ!

注文したのは「大人のお子様ランチCセット」1400円。ウェイトレスのお姉さんが片手で運べないくらい、プレート自体がとにかくデカい。野球ボールサイズのからあげが3つに、それに負けない大きさのハンバーグ、トンカツ、海老フライがてんこ盛り。さらに、おかずの横に鎮座するキャベツは二郎系ラーメンのトッピングかと思うぐらいズッシリ盛られている。別プレートのごはんも、完全にお子様じゃないサイズ。聞けば700g、お茶碗大盛りが200gだから3.5倍の量だ。「どれから食べよう・・・!」もう食いしん坊の私のテンションはUSJに来たときと同じ!

大人ごころをくすぐるのは、見た目だけじゃない。醤油ベースのからあげは、表面は醤油が効いて香ばしく、噛めば口の中は肉汁がジュワジュワ主役ポジション。肉汁といえば、ハンバーグもそう。半熟トロトロ卵とデミグラ、肉汁とのコントラストが絶妙で、口のなかいっぱいに幸せが広がっていく。肉の主張がいつまでもグイグイくるので、こちらもごはんが進む進む。さすがに体力がなくなってきたので、ちょっと休憩にキャベツを挟むと、さらっとお口がリセット。キャベツがこんなに体に染みるなんて・・・食い意地年齢は15歳児なのに・・・もう大人だとしみじみ思い知らされた。そして、トンカツと海老フライを。この2組は嘘をつかない。一口かじると、具材の厚みが端から端までぎっしり。その幅どちらも約3センチ。衣でごまかさず、正々堂々と挑んでくる。お互いタルタルとデミグラスソース付きで、個性がさらに引き立つ。でも、魅力が詰まりすぎて、お腹に隙間がなくなってきた・・・。

食べたいのに食べられない・・・。HP はもうすぐ0。すると、またまた店長さん「女の子で食べきった子は見たことないなあ」とポツリ。一気にボッと火が付いた。食いしん坊女子の底力を見せるのはここだ! その言葉で不思議と胃に隙間も空いて、やっと完食。おもちゃの代わりに拍手をもらって、さらにお腹いっぱいに食べられて心も体も大満足! ここ「キングスポート」は地元の人に愛されて、今年で創業53年目。「大人のお子様ランチ」は男の人がよく食べるらしいけど、食いしん坊女子には十分満足できるメニューなので、是非挑戦してみて(キャベツは残さないように!)。

最終更新:4/12(水) 14:00
Lmaga.jp