ここから本文です

青木宗高「面白いことをしないと続かない」 初のレギュラー番組出演の理由を明かす

4/12(水) 15:00配信

クランクイン!

 俳優の青木崇高が11日、自身初となるレギュラー番組『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系/4月18日放送開始)の初回収録に、スタジオキャストの本谷有希子、YOU、若林正恭(オードリー)とともに登場。出演を決めた理由について青木は、「面白いことをしないと、続かないなと思った」と本音を語った。

【関連】新感覚ドキュメント番組『セブンルール』囲み取材の様子


 『セブンルール』は、様々な分野でキャリアを輝かせている“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着する新感覚ドキュメント番組。自身が課す“ルール=いつもしていること”を手がかりに、取材対象となる女性の強さ、弱さ、美しさなどを映し出す。初回ゲストは、25歳ながら世界的に活躍するダンサー・菅原小春の姿を追う。 

 初回収録後に行われた囲み取材で、出演を決めた理由を問われた青木は、「面白いことをしないと、続かないなと思ったんですよね。役者でやりたいなっていうのは、20歳そこそこの時に思ったことなので、それがどう変化してもいいんじゃないかなって」とコメント。また、肉体や精神が衰える前に新しいことに挑みたいと思っていたことも明かし、「『行くぞ!』って感じではなく、そういう船に乗ってみたい。楽しみたい。そういう感じです」と胸の内を明かした。

 また、収録を終えた印象を聞かれた青木は「自分の25歳は戻って来ないので、今どうするかっていうことしかないです。今後ずっと収録が進むと、過去の自分の『あの時もっとこうやっていれば』っていうのが、良い意味でどこかに行ってしまうんじゃないかなと思っていて。浄化されていければいいかなと思います」と率直な気持ちを口にすると、一方の若林は「VTR見て、なんて言っていいかわかんなくて。自分の薄さがバレる番組だぞと思って、VTRが終わらないでほしい」と自嘲してスタジオを沸かせていた。

 新番組『セブンルール』は、カンテレ・フジテレビ系にて4月18日より毎週火曜23時放送。

最終更新:4/12(水) 15:00
クランクイン!