ここから本文です

木村文乃、亀梨和也&山下智久の仲に「2人のラブの部分が強いんじゃないですかね」

クランクイン! 4/12(水) 8:00配信

 KAT‐TUNの亀梨和也が11日、主演を務める新ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系/4月15日放送開始)の第1話ヒット祈願&恋愛成就完成披露試写会に、共演の山下智久、木村文乃と共に出席。12年ぶりの共演となる亀梨と山下は、仲の良いやり取りをみせ、木村が嫉妬(?)する場面もあった。

【関連】『ボク、運命の人です。』第1話ヒット祈願の様子


 本作は、運命を信じた男とそれを頑なに拒否する女のラブコメディードラマ。自らを神と名乗る謎の男(山下)により告げられた“運命の恋”に奔走する正木誠(亀梨)とその相手となる湖月晴子(木村)との恋模様を描く。

 亀梨は、山下との12年ぶりの共演に「好きにやってもらいたい。僕が動き回ってキャッチできるところはキャッチして、作品のいい要素になれば」と意気込みをみせると、山下は「やっぱり子供時代から友達なんで、阿吽の呼吸じゃないですけど、2人にしか出せない部分が自然と醸し出される部分があると思う」と語った。

 2人の仲の良さに嫉妬したかのように木村は、「ラブコメディといっても、そちら2人のラブの部分が強いんじゃないですかね」とあおると、「そんなことはないですよ」と亀梨は速効で否定。続けて亀梨は、「思春期は口を利かない時期もあったんですよ。そういう時期もあって、こうして1つの作品を一緒に作れるというのは運命を感じてますけど、1話から全話通して、晴子さんの心を開くように2人で頑張りますんで」と切り返していた。

 女性運もなく基本的に不運な男性を演じる亀梨は「山下くんには敵わないですが、モテ路線をやってきたんで…」と笑いを誘い、「今までにない役柄なので、チャレンジングだと思います。デビューしてから長いですけど、残念な面を僕、多めに持っているんで」とこれまでとは正反対の役柄に期待を寄せた。

 新ドラマ『ボク、運命の人です。』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週土曜22時放送(初回14分拡大)。

最終更新:4/12(水) 8:00

クランクイン!