ここから本文です

『CRISIS』小栗旬、西島秀俊らのアクションに絶賛の声続出「『規格外』だよね 」

クランクイン! 4/12(水) 11:35配信

 新ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系)の放送がスタートした。フランスのカンヌで開催された国際映像コンテンツMIPTVでも、アジア初の出展作品として注目を浴びた本ドラマだが、冒頭から見せる小栗旬と西島秀俊の本格的なアクションに大満足、絶賛の声が多く寄せられている。

【関連】小栗旬×西島秀俊『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』フォトギャラリー


 冷静沈着な田丸三郎(西島秀俊)と、的確ながらも無謀な行動が玉に瑕の稲見朗(小栗旬)。二人が所属する各分野のスペシャリストが結集した、公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊。
 
 ある日、外務大臣の息子・宇田川圭介(白洲迅)が拉致され、首に遠隔操作可能な爆弾が仕掛けられるという事態が発生、特捜部に出動要請が下される。警察が手も足も出ないという状況の中で、稲見の推理と、被害者から話を聞き出した田丸の行動により、かつて娘が宇田川らにレイプされ自殺に追い込まれた男が犯人として浮上、無事宇田川を保護し、犯人逮捕となった。だが、その犯人は拉致や爆弾の用意は自分ではなく「平成維新軍」という集団によるものであることを稲見に明かした…。

 事件は隠蔽され、終焉を迎えるはずだったが、何者かに警視庁のホームページがハッキングを受ける。ホームページには、「平成維新軍」の国家への挑戦をほのめかす宣誓文がアップされていた…。

 第1話は、小栗、西島らのシャープで本格的な格闘シーンを中心に、「平成維新軍」や特捜班の過去の経緯など、複雑に張られた伏線も満載。ツイッター上では「小栗旬くん、西島秀俊さんかっこよすぎ」「この2人はかっこよすぎるわ。惚れる!」「制作陣も俳優陣もキャラクターもみんな狂ってて最高だ…」「初回から規格外でブッ飛んでいてお勧め。アクションもさることながらサスペンス要素も見応え十分だ」と二人を中心に、今後の展開に期待する声が数多く届けられている。
 
 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は、毎週火曜21時放送。

最終更新:4/12(水) 11:35

クランクイン!